メリットデメリット費用ボトルの種類

ウォーターサーバーの会社を選ぶポイント


ウォーターサーバーを選ぶときのポイントは、やはり皆さんの気になる「お値段」でしょうか?
「使用している水の種類」や「水の使用ノルマ」など様々なポイントがあります。

お値段ですが、ウォーターサーバー自体は、無料のものから2000円程度と幅広く存在しますが、その中にメンテナンス費用や、万が一の故障の際の保険料などが
含まれている場合もありますので、無料だからお得という訳ではありません。
まれにですが、サーバー自体を購入できる会社もあります。

また、水の使用ノルマがあります。
いくら一本当たりの料金がお安くても、実際に使用する水の量より、ノルマが多くては溜まっていく一方で結果的には損をしてしまいます。
最近では、ノルマが無かったり、不要月は、注文をストップできる会社も多いです。
知名度NO,1といってもいいほどの「アクアクララ」や「アルピナウォーター」「アルペンピュア」は注文ノルマがないので一人暮らしの方でも気軽にお願いできます。
ですが、お水は、開封後約2週間から1か月で飲みきってしまう必要があるので、注意してくださいね。

使用している水の種類ですが、天然水とRO水に分かれます。
天然水とは、濾過、沈殿、加熱殺菌以外の処理が行われていない水で、市販されている、ミネラルウォーターと同じと思っていただいて結構です。
軟水、硬水もありますので、チェックしましょう。
硬水は、ミルクづくりに適しませんので注意してくださいね。

RO水は、RO膜処理を施した水の事です。
もともと医療用に開発されたものなのですが、不純物やミネラルのほとんどを取り除いてくれます。
NASAでも使用されていて安心です。
この水は、純粋に近く、ミネラル分を足しているものもありますが、ほとんどが、ミネラル分をほぼ含まないので赤ちゃんのミルクづくりや乳幼児がいらっしゃるご家庭にお勧めです。

天然水か、RO水どちらかを選んで、会社を選ぶ必要がありますので、この項目から選んでいるのがおすすめです。
ぜひ、ご家庭に合ったものを選んでより快適に生活をおくってくださいね。