メリットデメリット費用ボトルの種類

各社で違うボトルの処理方法


ボトルには、ガロンボトルとワンウェイボトルがあります。
ガロンボトルは、従来のウォーターサーバーに使われているボトルで、ポリカーボネート樹脂という、衝撃や変形に強い素材でできています。
業者が回収して、再利用できるため、ゴミが出ないという利点があります。

ガロンボトルは、殺菌・消毒して再利用するため、殺菌・消毒に使われるビスフェノールAという有害物質が溶け出さないかという指摘もあります。
また、回収まで、自宅で空のボトルを置いて置かなければならない為、場所をとってしまうというデメリットもあります。
ですが、専門機関で、有害物質などの検査が行われているため、安心です。
ボトルの水を使うと、空気が入るため、雑菌が入りやすくなります。
そのため、定期メンテナンスが必要になりますが、メンテナンスの代わりに、新しいウォーターサーバーと効果してもらえる会社もあります。

ワンウェイボトルは、ポリエチレン製の容器やPET樹脂で作られているため、柔らかいのが特徴です。
使用後は、「資源ごみ」として処分できるため、容器を保存しておく必要がありません。
また、使い捨てで、常に新しい容器を使用することができるので、衛生が気になる方にはおすすめです。
ワンウェイボトル方式のウォーターサーバーには、足元に設置するタイプがありますので、重たい水のボトルを高い所に設置しなくてもいいので、簡単に水を設置することができます。

また7Lのボトルも多く発売されているので、12Lだと多いという方にもおすすめです。
また、水を使うとボトルが小さくなり、空気が入らない構造になっていますので、雑菌が入りにくいという利点もあります。
そのため、定期メンテナンスが必要ありません。

さまざまな会社から発売されているウォーターサーバーは、それぞれに特徴があります。
ご家庭に合ったサーバーを選んでいただき、より快適な生活を過ごしてくださいね。
ウォーターサーバーで飲める水の種類がhttp://www.ewpra.org/mine.htmlで紹介されています。