メリットデメリット費用ボトルの種類

ウォーターサーバーのデメリット


ウォーターサーバーのデメリットと言えば、
「費用が掛かる《「ウォーターサーバーを設置する場所が必要《などです。
ウォーターサーバーのメリットこちらも参考にご覧ください。

費用は、業者によって様々ですが、ウォーターサーバーの設置料、本体のリース料、使用する水の費用、解約手数料、配達料が必要になります。
これを作動させるための、電気代も必要になります。
業者によっては、キャンペーン等で、これらの費用が無料になりますので、ご契約の際には、よく確認しましょう。

また、業者によって、水のボトルの構造が違うため、雑菌が入りやすい構造のものもあります。
そのため、早めに飲みきってしまう必要がありますので注意しましょう。
一本12L入りのボトルを月に何本以上とってくださいと決まっている場合が多く、一人暮らしの方や、普段からミネラルウォーター等を使ってない方にとっては、
このノルマは大変な場合もあります。

また、冷水と、お湯が出ますので、コーヒーやカップラーメン等に使ってしまうと、意外に多くの水が必要になります。
そのため、「予定より費用がかさむ《という事にもなりかねません。

ウォーターサーバーを設置する場所については、業者によって様々な形状がありますが、一般的に、据え置きタイプと卓上タイプがあります。
卓上タイプは、据え置きタイプに比べて小さ目ですが、それを置く台などが必要になります。
一般的なウォーターサーバーは、A4サイズが2枚分の場所とウォーターサーバー+50cm程度の場所が必要になります。
また、上に、水を入ったボトルをのせるので、転倒しにくい場所を選ぶ必要があります。
キッチンに置くのが、便利ですが、元々配置が決まっているキッチンが多いので、「置く場所がない《ということにもなりやすいです。

ご家庭の使用状況などから、より便利に使える方法を探してみてくださいね。
特に、乳幼児がおられるご家庭で、ミルクを飲んでいる。という場合にお勧めです。
ぜひ吟味して契約しましょう。