メリットデメリット費用ボトルの種類

各社で違うウォーターサーバーの機能


ウォーターサーバー自体の機能は各社差があります。
冷水・温水・無菌エアシステム・チャイルドロックは、ほとんどのウォーターサーバーでついている様です。
ワンウェイボトルのみに使用されている機能ですが、足元にボトルを設置できるウォーターサーバーもあり、重たいボトルを持ち上げる必要がないので、
簡単にボトルをセットすることが出来ます。

おすすめしたいのが、フレシャスから発売されている超小型のウォーターサーバーです。
幅230mm・奥行450mm・高さ430mmと大変小さく、ボトルも4・5Lと小さいので一人暮らしの方や、ほとんど使わないけど赤ちゃんのミルク専用に
使いたいなどでも気軽にお願いすることが出来ます。

ウォーターサーバーの基本的な機能として、温水・冷水がありますが、
温水は約90°冷水は約5°に設定されているため、コーヒーやカップ麺作るにも最適の温度です。
また、冷水も冷たすぎずに、水をおいしく飲める温度に設定されています。

ガロンボトルと、ワンウェイボトルがありますが、ガロンボトルは、一般的に12Lなのに対して、ワンウェイボトルは、7Lや12Lなど種類が増えてきて、
賞味期限内に飲みきることが難しいといったご家庭にも普及し始めています。

他にも、ウォーターサーバーのメリットと言えば、重たい水を自宅まで持ち帰らなくていい、温水・冷水がすぐに出るため急な来客にもすぐに対応できる。
万が一の震災などで、水が備蓄されていると対応できると言われています。
人間は一日2Lの水分を必要とします。
そのため、12Lのボトルがひとつあれば6人分の水分を確保することが出来るのです。
震災対策には、3日分以上の水分を用意する必要があるといわれていますので、3人家族の場合、1,5本分のボトルがあれば十分ですよね。
震災後特に、需要が増えた原因の一つになっています。
また、水道水から、放射線物質などの有害物質が検出されたことからも、ウォーターサーバーの需要が増えました。