メリットデメリット費用ボトルの種類

各社で違うウォーターサーバーに利用できる水の種類


ウォーターサーバーに現在使用されている水は、天然水とRO水の2種類があります。
天然水を使っている会社は、フレシャス、コスモウォーター、アクアセレクト、クリティア、オーケンウォーター、ドリームウォーター、ワンウェイウォーター、
富士青龍水などがあります。
RO水を使用している会社は、アルピナ、アクアクララ、クリクラなどがあります。

天然水を使用している場合、地下水を採取して、沈殿、ろ過、加熱殺菌を行い処理したものをボトリングしています。
そのため、天然水に含まれる、ミネラル分などがそのままボトリングされているため、天然水独特の甘みや深みをそのままいただけます。
普段あまり水を飲まない人も多くいるようなので、体内での水の働きや、水の大切さについて解説されているサイトhttp://www.woodriverrcandd.info/tai.htmlを用意しました。
是非、みなさんご覧ください。

RO水は、RO膜という膜を通過することで作る水です。
この膜でろ過することで、不純物やミネラルを取り除くことが出来ます。
この膜は、0.0001ミクロンというとても小さい穴で圧力をかけて通すために、O-157などの体にとって有害な物質も除去できるため、衛生的にも安心して使用することが出来ます。
また、この技術は、医療として開発されており、NASAでも使われている信頼できる技術なのです。
ミネラル分も除去され、純水に近い水を作ることが出来るので、あかちゃんのミルクを作るために使用することをおすすめします。

各社で、使用できる水は、どちららかですので、この2種類から選ぶ必要があります。
天然水の場合、採取される土地によっても、ミネラル分などの含まれる成分がちがってきますので、採取されている土地もチェックしてみるのもおすすめです。
まれに、硬水もウォーターサーバーがありますので、ダイエットや、健康維持の為にウォーターサーバーを使いたいとお考えの方には、このお水もおすすめです。

人によっては、「苦手」「飲みにくい」と感じられる方もおりますので、一度試してみてから購入してくださいね。
ご使用目的などから最適のものをえらんでくださいね。