メリットデメリット費用ボトルの種類

ウォーターサーバーの水の種類


ウォーターサーバーには、2種類の水があります。
天然水とRO水です。
天然水とは、地下水を採取して、沈殿、ろ過、加熱殺菌以外の処理がされていない水の事です。
市販されているミネラルウォーターも、このような処理が施されています。
天然水を使用しているので、ミネラル分が豊富に含まれています。
美容に気を使っている女性のみなさんにおすすめしたいミネラルウォーターがhttp://www.waterfrontwine.com/biyou.htmlで紹介されています。

硬水と軟水がありますが、飲み口が柔らかい、軟水が人気です。
(硬水は、外国産のお水をイメージしてください)
外国産の水で人気が高い商品はhttp://xn--gckg0e8bzevco2lb4172m.com/09.htmlで紹介されています。
天然水独特の深みや、甘味があるため、人気があります。

RO水は、RO膜という、0.0001ミクロンの穴を通す処理が行われている水の事です。
0.0001ミクロンとは、通常では、浸透しない為、圧力をかけて水を通します。
そのため、不純物や、病原菌などや、ミネラルなども取り除いてしまうために、限りなく純水に近い水になります。
ミネラル分などが除去されてしまうため、天然水独特の甘みや、深みが消えてしまいます。

RO膜に通した後、人工的にミネラル分を足したものが一般的です。
赤ちゃんのミルク用や、乳幼児がいらっしゃるご家庭におすすめの水です。
人工的に作り出せるので、天然水より安価です。

それぞれに特徴がありますが、一長一短で「どちらがいい」とは、言い切れません。
天然水独自の甘味、深みが欲しい。
ミネラル分も補給したいという場合、天然水がおすすめです。

衛生面、安全面が気になる。
O-157などの有害物質などの除去されている為、安心して使用できる。
赤ちゃんのミルクを作りたいという場合、RO水がおすすめです。
胃腸が弱い。という方は、天然水に含まれるミネラル分がおなかを壊してしまう原因にもなりますので、RO水がいいと思います。

ウォーターサーバーには、様々な会社がありますが、それぞれに特徴があり、
メリット・デメリットがあります。
ご家庭のライフスタイルに合わせてお選びいただくことで、より快適な生活をしていただけると思います。
良い水分補給の方法がhttp://www.dracutplumbing.com/17.htmlで紹介されています。
是非、参考にしてください。